遺言書の書き方

2013-11-29

Q 遺言を書きたいのですが、どんな書き方でも良いのですか?

A 通常、人が死亡するとその人の財産(遺産)は法定相続人(民法に定められた一定範囲の親族)が相続するのが一般的です。しかし、自分の死後、特定の人に財産(遺産)を相続させたい場合、あるいは、誰がどのような割合で相続をするかを指定して、相続人の間で相続争いが起こらないように備えたい場合に、自分の意思を文書にして作成しておくのが遺言です。ただし、民法により定められた方式で書かれていなければ、法的に効力のある遺言とは言えません。

Copyright(c) 2016 東京都行政書士会荒川支部 All Rights Reserved. Design by Cloud template