相続の承認

2013-11-29

Q 相続の承認は、どのような効果を持ちますか?

A 相続の承認とは、相続人が被相続人の権利義務を引き継ぐことをいい、単純承認、限定承認の2種類があります。

(1) 単純承認  相続人が被相続人の権利義務をそのまま引き継ぐことです。何ら手続は必要ありません。なお、相続人が民法で定められた行為を行った場合、自動的に単純承認したとみなされる場合があるので注意が必要です。

(2) 限定承認  相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務および遺贈を弁済すべきことを留保して相続を承認することです。家庭裁判所への申し立てが必要です。相続人が複数いるときは、限定承認は共同相続人の全員が共同してのみ行うことができます。

Copyright(c) 2016 東京都行政書士会荒川支部 All Rights Reserved. Design by Cloud template