在留カードと外国人登録証明書の関係

2013-12-09

Q 改正入管法(平成24年7月9日施行)により、交付される「在留カード」は、従前に交付されていた「外国人登録証明書」と比較してどのような特長がありますか?

 

A 「在留カード」は、日本に中長期間適法に在留することができる外国人にのみ交付され、今までの「外国人登録証明書」のように短期滞在の在留資格を持つ外国人や不法滞在者等には交付されません。また「在留カード」には常に最新の情報が記載される上、券面には、就労制限の有無や資格外活動の許可を受けているときはその旨を記載することとなっておりますので、事業主等が外国人の持つ「在留カード」を見ただけで、当該外国人が就労可能な在留資格やアルバイトの許可を取っているかなどを容易に判断できるようになっております。また「在留カード」において、その交付を受けた外国人は、記載事項に変更が生じた場合には法務大臣に変更届出を行うこととされていますので、「在留カード」には常に最新の情報が反映されていることが大きな特長となっております。

Copyright(c) 2016 東京都行政書士会荒川支部 All Rights Reserved. Design by Cloud template